FC2ブログ
YellowGoldTour3011(1/16)


行って参りました☆
何も心配する事はなかった(^^)

※レポではなく単なる感想です。
※仁くん語りしてますので、読みたくない方はこの先進まないで下さいー。












Yellow Gold Tour 3011
in さいたまスーパーアリーナ
2011年1月16日(日)17:00


途中で登場したのはスペシャルゲストの錦戸亮ちゃん☆
ステージの上で照れくさそうにしてる二人が可愛かったです(*^^*)

二人並んでステージの上に用意された台(?)に座って少しの間おしゃべり☆
いつもはここでこんな風にお話しないそうですね(^^)
(ニュアンスですが)
おもむろに仁くんが
仁「旦那さん大事にしてますか?」(だったかな?)
亮「なんでみんなwifeの前提なん?」
みたいな話で(笑)
亮「若い子いっぱいおったで!むしろ未婚の方が多い」
仁「いや、老けてる人(だったかな?)が多い」
と引かない仁くん(笑)
そんなん言ったらすぐネットに書かれるとかなんとか☆
その時は、罪は全部引き受ける、と言う仁くん(^^)

ここで、亮ちゃんのギター生演奏と仁くんの歌のコラボ♪
楽屋でちょっと合わせたくらいで、ちゃんとステージでリハーサルしてない、と言ってその場でギターのキーを決めてたりする様子がアーティスト☆
2曲目歌い終わったらステージから捌ける事になってたみたいで、演奏始める前に
亮「オレ、どこから帰れば良いの?」
って、リアル打ち合わせ(笑)
仁くんが亮ちゃんの目線に合わせて舞台奥の方を指差して教えてあげてたりするのが可愛かった☆

仁くんが飲んでた水を
亮「ちょーだい」
って飲もうとして会場中が『キャーーー!』ってなっちゃったり☆(実際は亮ちゃん用の水も別に用意されてました。残念←w)

二人がコラボして歌ったのは『care』と『ムラサキ』
リハーサル無しでもこれだけ息が合うって事は、普段からプライベートでもセッションしてたりするのかな?なんて☆

ライブ全体を通して日本語の曲はこの2曲とラストの『Etanal』の3曲のみで、後は全て英語詞。
昨年2月の『友&仁』はお友達のおかげで1公演入る事が出来たけれど、
その後KAT-TUNからの脱退があり、
全米ツアーを大成功させ、
全米デビューに向けてレコード会社との契約も済ませて。
どんどんどんどん大きくなって、ずっとずっと遠い所に行ってしまった様に感じていた仁くん。(いえ、元はと言えば担当から離れて自分から距離を作ってたのかもだけど)
“担当”ではなくなった事に対して後ろめたい気持ちも実は未だにあって。
こんな私が今回のライブに行って良いのかな?
ちゃんと楽しめるかな?
なんて葛藤したりもしたけれど。

開演前に久々にお会い出来た仁友さんたちは変わらず優しく接して下さって、私の郁人くん話にも付き合ってくれて(笑)
そこでちょっと心が解けて(^^)

ライブが始まるとそこは『アーティスト・Jin Akanishi』の世界で。
3011年の未来の卵から産まれたみたいなJinくんの紡ぎ出す空間。
自分の内へとエネルギーを溜めるようなパフォーマンスと、一気に外へ爆発させるインパクトと。

仁くんが会場にいるみんなの存在を感じて、
みんなと一緒になろうとしているのがぶわっと伝わって来ちゃって、
なんだか涙が止まらなくなっちゃった。
すごく大きな、遠い世界に目を向けていた様に私が勝手に思い込んでいた仁くんだけど、
ちゃんと“ここ”にいるファンの事、見てて、考えててくれてたんだ。
ちゃんと“一緒に”いてくれたんだ。
って、感覚的に思えて。
すっこく嬉しかったのと、それまでの緊張(?)が一気に解けたのと、その場の“ライブ”が楽しかったのとで、泣いてるのか笑ってるのかわかんないぐちゃぐちゃの顔でCLAPして踊って声出して。

『友&仁』の時は仁くん自身の声にエフェクタかけてロボットみたいな声にしちゃってる曲が多かったように記憶していて、その時はもっと、そのままの仁くんの歌声が聴きたいな、って思ったけど。
今回は仁くんのキレイな高音も、
がなる程の力強い声も、
“こんなに男性的な歌い方するんだっけ?”って曲も、
いろんな仁くんの魅力がたくさん観られました(*^^*)

久々にがっつり踊る仁くんも(^^)
仁くんのダンスって独特☆
そしてレベルが格段に高い!
ジャニーズの舞台じゃあまり見ないタイプ。
強いて言うなら屋良っちとか五関さんとか聖とか。

ダンスも、歌も、パフォーマンスのどこを取っても、
仁くんのやりたい事を表現するには日本は狭すぎるのかも?なんて思ってみたり。

冒頭流れた仁くんの英語のナレーション。
映画の字幕みたいに、言ってる内容がそのまま英語で画面に映し出され、その下には日本語訳。
仁くんの想い?心の叫び?
具体的な言葉は覚えてないけど、
今までは敷かれたレールの上を走らされて来たけど、もう操り人形は嫌だ!
みたいな意味合い。
そこから、自ら一歩踏み出して、新しい世界に斬り込んで行った仁くんはホントすごいと思う。

ライブのラストに流れたエンドロール。
亮ちゃんが来た時にちらっと仁くんが言ってけど、このライブは一つのmovieだと思って下さい、って。
(「それちゃんと説明しないとわからんやん!」って亮ちゃんに突っ込まれてたけど(笑))
モニターに映し出されたエンドロールはまさに映画のそれで。
出演者たちの名前と、
スタッフさんたちの名前と、
この日参加しているお客さんたちの名前も多分全員分!
流れが早くて自分の名前を見つける事は出来なかったけど(^^ゞ、
そんな風に仁くんがお客さんも含めた全員でこの“作品”を作ってるんだって思ってくれていることが嬉しくて☆

“Produced by Jin Akanishi”
の一行が誇らしくもあり、羨ましくもあり(^^ゞ

仁くんがやりたかったこと、
これからやろうとしていることを、
存分に魅せてもらった濃い2時間でした(*^^*)


事ある毎に言ってるかもしれないけど、
仁くんの事、好きです。
Jin Akanishiの表現する世界が好きです。
それは、郁人くんが好き(*^^*)って言うのとは全然別物で。

これからも影ながら応援して行きたいと思います(^^)
スポンサーサイト




コメント

管理者にだけ表示を許可する

こちらでは、ご無沙汰です(笑)
仁ソロ魂行かれてたんですね
うちの息子も行ったんですが、どちらかというと、仁のとった行動に否定的だった息子が
『素晴らしかった。赤西は、既存のどの枠にもあてはめれない存在だった。ソロになったことはやむを得ない』
って、感想を言ってました

あたしの友達もたくさん入ったのですが、みんな一様に胸の支えがおりたというか、また新たな気持ちで、仁とKAT-TUNを応援していけると感じた方が多かったように思います

Katsueさんのコトバで、感想が聞けてよかった

ありがとうございました
きい | URL | 2011/01/18/Tue 07:48 [編集]
私も2日行ったよ
金曜日と土曜日。
日曜日は試験の2日前のため、中止(T_T)
土曜日はアリーナではなかったけど、ステージが近くて♪
ステージ上であがる火柱?が熱かった(笑)
何より仁ちゃんが楽しそうなのが一番良かったかな。
りえ | URL | 2011/01/22/Sat 23:55 [編集]
コメレスです☆
お返事がだいぶ遅くなっちゃってごめんなさい(>_<)
息子ちゃんからの貴重なご感想聞かせていただいてありがとうございます!
男の子からのご意見って嬉しいですね(^^)
誤解が解けて…って言うのとは違うかもしれませんが、少しでも理解された様に感じてよかったです☆
私も、これからも仁くんとKAT-TUNをそれぞれ応援して行きたいと思います(^^)
katsue→きいさん | URL | 2011/01/30/Sun 15:33 [編集]
コメレスです☆
りえちゃんも行ってたのね♪
私も、アリーナではなかったけれどメインステージのすぐ横の席で、火の熱さがダイレクトに伝わって来てなんか感動しちゃった(^^)
そうなの☆
仁くんが仁くんらしく楽しそうにパフォーマンスしてるのを見てなんか安心出来たんだよね(^^)
katsue→りえちゃん | URL | 2011/01/30/Sun 16:03 [編集]

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 太陽からの贈り物…(^^). all rights reserved.