FC2ブログ
PLAYZONE2010(7/29 マチネ)

PLAYZONEは今日から大阪公演ですね(^^)
こんなタイミングですが、私的青山楽日の観劇記録です☆
今更需要も無いと思いますが、自分が忘れない為の記録ですので(^^)
郁人くんがまだ全ての踊りに参加していなかった頃の公演なので、読みたくない方はUターンして下さいね(^^;





記事の中で、“郁人くんが踊っていない”と言う事をあまり前面に出すのもイヤだな…って思っていたのだけれど、観劇から時間が経って、青山の千穐楽では楽しそうに踊ってたって話も聞いて、きっともう大丈夫って思えたらその時自分が観たありのままの光景、その時の心情も残しといても良いかな、って思える様になりました☆
ネガティブ発言もしちゃうかもしれないけれど、ここは自分の場所なので感じたままを残します。



PLAYZONE2010 ROAD TO PLAYZONE
2010年7月29日(木)13:30

1階D列上手側☆
最終日にして多分最高の良席です(^^)

スクリーンに映し出される「PLAYZONE2010 ROAD TO PLAYZONE」の文字に、ここで観られる最後のオープニングなんだなぁ…とちょっとうるっ(>_<)


【1幕】
♪You & Me & Who?
どこを探しても郁人くんはいないけれど、その分いつもは観られなかった全体を観る事が出来ました☆
今まで自分の中に染み付いていた郁人くんの踊り。誰を観ても同じ踊りをする人は居なくて逆に感動(笑)
そんな中、しんたろの踊りが郁人くんに似てる!って思ってなんか嬉しかった(^^)
いつも下手でふみとつが絡む踊りはとっつー一人…って思ったら、上手ではごちつかがおんなじ事してたのね!(今まで見た事無かった(笑))
メモに「はっしー、客席見すぎ」って書いてある(笑)


♪ONE STEP BEYOND
郁人くんが踊ってるー(T▽T)
キラッキラの笑顔で☆
踊りはいつも通り…ってわけにはいかないけれど、みんなを心配させまいとする気持ちがすごく伝わって来たよ☆
5人が揃ってジャンプする所、いつもよりみんなの到達点が低く感じたのは郁人くんに合わせてくれたのかな?
A.B.C-Z、大好き。

千穐楽前のリハ風景☆
「楽屋片付けたー?」の言葉に「はぅぁー…」ってなっちゃう郁人くんが可愛すぎ(*^^*)
公演終わって休みが取れたら何したい?の問いに
郁「実家帰ろうかな♪月9見てないし」やっぱり、そこ(笑)

止まらない塚ちゃんに
郁「見ないであげて下さい」
屋良っち、はっしー、ごっちも一緒に手で目を覆ってた☆

次の公演は新人を入れるって話で、翼くんに「油断してポジション奪われるなよ」と言われ、自分の体をぺたぺた触りながらいちゃつくはしふみ☆だからそれ、なんなの?(笑)
郁「君にそっくりな新人入って来たらどうする?」
ってごっちの頭に手を乗っけて、それからごっちの肩に両手を添えてその上におでこくっつけてごっちに甘えるみたいにしてる郁人くん(*^▽^*)
ラブラブ?♪


♪ダイヤモンド・アイズ
♪レイニー・エクスプレス
みんな、かっこいいよ…☆
郁人くんの立ち位置にはもともとセンターにいたとっつーが入ったのかな?
一人いないことでパランスを取り直したりとか、きっとその稽古を外から見てる郁人くんがいたんだろうなとか、そんな光景が目に浮かんできました。
ホントありがとう(^^)
あくまで私目線だけど、郁人くんの分まで4人が想いを伝えようとしてくれてるみたいに見えました(^^)

スラム街のA.B.C-Z☆
郁「ちょっと待って、俺も言うことあった」
って、9月の日生の宣伝♪
郁「申込みも始まってるから、こまめにチェックしとけって、藤ヶ谷が言ってた」(^^)
迷った後の自由な5人☆
階段の手すりに走り寄りながら
郁「はっしー、見てこれ!こういう手すりでアクロバットとかやってるの、You Tubeに載ってる!ポーンって」
って話す瞳がキラキラ(^▽^)
最初の「はっしー、見てこれ!」って言うのがホントに素に見えて、いつもこんな風にわきゃわきゃしてるんだろうなって思うとホント可愛い☆

♪Tell Me How どうすればいい

♪スノープリンス

オーディションにキスマイ登場☆はこちらのエントリで(^^)

♪Tell Me How-Not believed
♪アドは完璧

南の島に行く気満々のA.B.C-Zのシーン等はこちら(笑)


♪Tell Me How-We go to win
キラッキラの笑顔で踊ってる郁人くん(^^)
ノエルとのハイタッチも健在☆

食糧班(班長:はっしー)と住居班(班長:とっつー)に分かれて、その人数の違いに不満なはっしー(笑)
差し出されたしんたろは「熊に食べられちゃう×2」(笑)
橋「ホントに食べられるからね、こんなんじゃ」ふくれてるはっしーが可愛い(^^)

住居作りの面々
郁「とっつー、これ、ここまで俺が運んで来たんだけど、とっつーがここにつけて」
何回見ても萌☆
戸「O.K.!接続完了!」
郁「ありがとうございます」
なんなんだろ、この可愛い二人(^▽^)
そこへやってくるごっちは郁人くんに冷たくあしらわれ(笑)
五「これは?」って細い木の枝を見せるごっちに
郁「んーーー?」って体が90度まで傾いて考え込んじゃう郁人くんが可愛い(*^^*)

手ぶらで帰って来た食糧班に「木の実でもなんでもあるだろ!」って抗議してる所にでっかいキノコを担いだしんたろ登場☆
郁「それは食べられないでしょ。早く返して来なさい。ぶつぶつ出来るよ」
ぶつぶつーーー(≧▽≦)←意味不明w
戸「肉が食いたい…」から始まる「にーく!にーく!」コール☆
塚「わがまま言うなぁーーー!」
って腕を振り払う塚ちゃんの格好を真似するふみとつごち、超息ピッタリ!

野犬の声、仲間だからと下に降りるノエルたち、動こうとしないふみとつごち(笑)
下にいるはしつかのお願いを無視する様に一人遊びしてる郁人くん(爆)
屋根の上で「はいっ!」って感じで片足でピョンって飛んで片手を上に上げる、ってのを方向変えながら何度も(笑)
めっちゃ笑顔で楽しそうなんですけど♪


♪Guilty
イントロで屋良っち&A.B.C-Zが集まって踊り出す時に
屋良「こどもたちを頼む!」
郁人「はいっ!」
って住居の後ろに走って行く郁人くん☆
すごい自然な流れ(^^)
塚ちゃん飛ばしは郁人くんの位置にはっしー☆
塚ちゃんはひねりなしのふわっと華麗な宙返り☆


♪輝く瞳
めちゃめちゃ郁人くんの立ち位置目の前だった!
曲名の通りキラキラと輝く瞳でまっすぐに前を見て歌い踊る郁人くん…最高にかっこいいよ!


♪ROAD TO PLAYZONE
途中、みんながそれぞれ組み体操みたいな感じで静止する所、いつもは郁人くんが支えてごっちが上に登るのは無
改めて、出演者みんなの踊りがかっこいい☆
オープニングで気になったしんたろもこんなに踊れる子なんだ、って再発見☆
ちょっとね、郁人くんに踊りの系統が似てる気がしたの(^^)(私目線でごめんなさい)
この曲の最後はいつも挑戦的な目線で次々と着衣を脱いでく郁人くんに釘付けだったから他の人が何をしてるか知らなかったんだけど、この日はごっちが上着脱いでた(^▽^)
郁人くんと一心同体な感じがして嬉しかった☆


【2幕】
♪どうなってもいい
いつもはごっちがセンタートップだったのが、ごちとつでセンター割り。
郁人くんポジに塚ちゃん?シンメがはっしー?(んー?いつも郁人くんしか見てないから周りがどうだったか思い出せない(^^;)


♪It's BAD
なんかね、はっしーがめっちゃ頑張ってる!って思った☆

芝居のシーンで郁人くん合流☆
セリが制御不可能になっちゃって危ないのによじ上ろうとする野田くんとか江田くんとか(笑)
戸「ダメだって、野田くん!」がなんか可笑しい(^^)
屋良っちの「動かないで!」に反応して表情まで固まっちゃう郁人くんが可愛い☆
一旦楽屋で待機、ってなって捌けながら「九死に一生だ」って言うとっつー…
とっつーワールド炸裂(笑)

ノエルが連れて来られた拘置所、力一杯腕を振りほどかれたノエルに
竜「いまぁ…すっっごく痛かった…」
って、超声が裏返っちゃってますけど(笑)

ノエルを助けに行く、と言って稽古場を後にするゆうまたちを見送る郁人くんがめっちゃ優しい笑顔(^^)
翼くんの「どんな状況でも幕は上がるんだ」って言葉が心に響いた。
捌けながら山亮の肩にポンって手を置く郁人くん☆

ノエルの拘置所で「何して遊ぶ?」の林&幸宏→人間紙相撲って(笑)
紙相撲の動きでじゃれ合ってる二人が可愛い?(*^▽^*)

ノエルに脱走されて、鍵がつけっぱなしだったのを責められた幸宏くん「オレじゃねーよ!」って言ってまた紙相撲になってる(笑)

ゆうまたちのシーンのリハーサルをするA.B.C-Zはさっきと同じエントリで☆

そう言えば7/26の観劇記録も書いてないんだけど(多分書けないかな(^^;)、その時の郁人くん。
一人で刀のさばき方を練習してるみたいにしてて、タイミングを見計らって
郁「…将門さま。…ごめんっ!」
って、滝沢歌舞伎の時の太郎丸(山亮)の真似(笑)
言い方とか声とかも似てたよー☆

稽古場にゆうまたちが戻って来て喜ぶ面々☆
みゅうとに全力でつんつんする郁人くん(笑)
翼くんに許されて大喜びするはしふみ、抱き合ってる?(^▽^)
そのテンションのまま捌けるときは大きくケンケン☆
自分に不利な事も逆に利用してしまえる郁人くんって、やっぱり大きい男だな(*^^*)


♪幻炎 (ほのお)
A.B.C-Z&They武道がかたまって踊る部分は郁人くんポジの真ん中は空いたまま。
1人いないだけなのにすごく少なく感じちゃった。
翼くんセンターで下手に郁人くん、上手のシンメにとっつーがいたフォーメーションではとっつーが翼くんの後ろのセンターへ☆
郁人くんがいない事で一番影響を受けたのはとっつーなのかな?
ありがとう(*^^*)

バックステージのゆうまたち☆
靴を左右逆に履いちゃってる仲田くんにしんたろが「ヒロキー」って呼びかけるシーン…
慎「ヒロシー」
!!!
しんたろーーー?(爆)
とんでもない間違いしたのに冷静に「ごめんごめん」って動じないしんたろ、大物になるよ(笑)
その後は仲田くんが関西弁になってそれをゆうまが毎回関西弁で突っ込む、ってのがお決まりなんだけど、
優「関西弁より『ヒロシ』のがおもろかった」
うん、確かに(笑)
幕が開いてストップモーションで登場する先輩達も心なしか顔が笑ってる様に見えたし(笑)


♪FUN DANCE
登場の時にはいつもはしふみごちが手を繋ぎ合ってストップしてる事が多かったけど、この日ははしごちが二人でギュ☆
まるでそこに郁人くんを確かめてる様に見えたよ(^^)
とっつーは竜くんとちゅーしそう(笑)


♪想 SOH
屋良っち&A.B.C.-Zが客席に降りる場面ではふみとつはステージに残ったまま
とっつー、一緒に残ってくれてありがとう(*^^*)
とつくんが来てくれると思って期待していたとつ担さん、ごめんなさいm(__)m
A.B.C-Zの、このカンパニー皆の優しさが本当に嬉しかったです(*^^*)


【SHOW TIME】
♪JEALOUS BEAT

♪Liar

♪ROAD TO PLAYZONE
いつも通り、ノリノリの郁人くん♪
階段の上の「twenty-five!」は林くんと竜くんと力強く(^▽^)
この日だったかな?別の日だったかな?忘れちゃったけど、「twenty-five!」の直前まで移動していて、自分の真後ろに林くんが付いて来てるはずの郁人くん、そのタイミングの少し前に「林、ちゃんといるよな」みたいな感じで後ろをちらっと振り返ったの☆
そんなに「twenty-five!」一緒にやりたいのね♪
そんな林くんの反対の隣にいるとっつーがエアギターしてるよ、ってとつ担のお友達に教えてもらうまで知らなくて(^^;(どんだけ郁人くんしか見えてないんだろうw)
青山最終日にして初めて確認出来ました(^▽^)
ギュイーン…とギター(エア)を鳴らしながら自分の世界に陶酔してしまっている戸塚さん☆
そんなあなたが素敵です(*^▽^*)
私のいた上手側では塚ちゃんが生声で「ありがとう!」だったかな?
心からの想いを精一杯届けてくれて、その周りにいる子達もみんな笑顔で…
ていうか、横一列に並んだPLAYZONE2010カンパニーのみんなが笑顔で、とってもとっても素敵な舞台でした(*^^*)
ありがとう(^^)
スポンサーサイト




コメント

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2010/08/15/Sun 07:33 [編集]
コメレスです☆
鍵コメMさんへ
初コメありがとうございます(^^)
こないだのNHKの光一くんの番組でも何度となく言われてましたが、“Show must go on”なんですよね。
ちょっと話がそれるかもですが、私もよさこいや舞台で踊ったりしています。
よさこいは6月の大舞台の為に約半年かけて、たった4分半の演舞の為に生活の中のいろんなものを犠牲にして練習しています。
今年の本番、2日間で10ヶ所以上踊る予定の初日の1発目の演舞中に、仲間の一人が靱帯を損傷という大怪我をしてしまいました。
でも彼女はその演舞を踊りきりました。
当然、そうすることによって怪我は悪い方へ向かってしまったのですが…
この半年の想いをぶつけられない悔しい気持ちは痛いほど伝わり、到底踊れる状態ではないのだけれど痛み止めとガッチガチに固めたテーピングでメインステージの演舞のみ参加したんです。
何があっても舞台の幕は開く…
彼らはプロだから、『今』も大事だけどこれから先何十年も踊り続ける為の苦渋の選択も必要だった…って事なのかなと思いました。
…って、長々とわけわかんないですね(^^ゞ
ごめんなさいm(_ _)m
郁人くんの踊りが大好きです☆
A.B.C-Zの踊りが大好きです☆
そして、みんながキラキラの笑顔でそこにいてくれる事が私の望みです(*^^*)
「あの時あんな事があったよね」って、笑い話になったら良いですね☆
もう既にネタにされてるみたいですが(笑)
DVDになる公演はみんな元気に踊ってるはずですので、早く発売して欲しいですよね(^^)
katsue→鍵コメMさん | URL | 2010/08/20/Fri 09:04 [編集]

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 太陽からの贈り物…(^^). all rights reserved.