FC2ブログ
滝沢歌舞伎(4/5 18:00)1部
郁人くん大活躍の2部まで行きたかったけど、
1部で力つきました(><)

滝沢歌舞伎 in 日生劇場
2010年4月5日(月)18:00
《祝200回公演》

2階B列、限りなく一桁に近い10番台(かなり下手寄り)のお席で、
1階の下手側花道(?)とかで芝居されちゃうと見えない感じのお席でした(^^;
なので、途中、GC階上手にとっつー、下手に郁人くんが現れた時も郁人くんのお姿は見えず(TT)
なので全神経を聴覚に集中させて郁人くんのその美声を聴き漏らさまいと必死です(笑)

そんなお席からの観劇記録です(^^)

パンフレットの「幕割」を元に書きますが、シーンと書いてる内容が違う事もあるかもしれませんのでご了承下さいm(__)m
将門周辺の人物名とか全然勉強不足なのでとんちんかんなこと書いちゃうかもしれません(^^;
これから勉強しまーす(笑)



第1部

第1場 OVERTURE
どこからを「OVERTURE」と呼ぶのかわからないけれど(^^;

開演前?開演してる時間?
どこからともなく客席に二人の黒人ダンサーさん☆
自由な感じで客席で戯れています(^^)
座ってるお客さんを立たせて自分がそこに座っちゃったり、空いてる席に寝そべってみたり、最前列のお客さんとハイタッチしてみたり(^^)
なんだか先日の「友&仁」みたい☆

舞台には赤い幕がかかっており、それに繋がるように前に張り出した舞台の方にも赤い布が☆
その中央部分に蓄音機(っていうんだっけ?)がセッティングされています☆
ひとしきり客席と遊んだダンサーさん二人はその蓄音機を挟んで舞台に座り、その蓄音機から流れる音を使ってコント(笑)(いやコントではないかな(^^;)
幕の上がる合図で二人は捌け、舞台に映し出されるのはグランドピアノを弾くタッキーのシルエット。

タッキーのナレーションで2006年から続いている演舞城の映像がスクリーンに映し出されたりして、いつの間にかスクリーンにはまた立ち姿のタッキーの影☆
そのタッキーから左右に、たくさんのJr.達の影が別れて出て行きます。
多分、最後に出て来た5人がA.B.C-Zかな?
郁人くんはその髪型のシルエットでわかりやすい(^^)

そんなスクリーンに目を奪われていると、客席から全出演者登場!
2階席にいる私の所からは確認出来ませんでしたが、郁人くんは上手寄りの通路にいたそうです(^^)
各出演Jr.の紹介がナレーションで入って、最後のすのまん、えび、屋良っちだけがステージでちゃんと挨拶してた…と思う(うーん、曖昧w)
その時、A.B.C-Zの中でも「河合郁人」が一番最初に名前呼ばれてたぁ(≧▽≦)
それだけで嬉しい(^^)
最後に残った屋良っち一人だけが舞台の上で挨拶して、演舞城でも恒例の
「春の踊りは、よーいやさー」


第2場 OPENING
「春の踊り」
「いにしえ」←修正しました(^^;
ノースリーブの和な感じの衣装☆
シルバーベースでA.B.C-Zはアクセントにピンク☆
他のJr.はみんな青だったかな?
屋良っちも一人だけ違う色着てた☆
でもなんか、袖に捌けて出て来る度にみんな衣装が変わってる感じで、次から次へとJr.くん達が出たり入ったりでたーいへん(^▽^:
でもA.B.C-Zはすぐにわかるよね(^^)
最初っから飛ばしてがっつりしゃかりきにきらっきらで踊る郁人くん(≧▽≦)
にっこにこで「楽しい!」が溢れてるの☆

演舞城恒例(笑)口上による自己紹介☆
この時ですよ!
GC階上手にとっつー、下手に郁人くん登場(≧▽≦)
全部は覚え切れてないけど記憶にあるのは
戸塚「ダントツかっこいい、戸塚祥太」
郁人「滝沢歌舞伎、オレまつじゅんもどき、河合郁人」
五関「一石二鳥、五関絶好調、五関晃一」
塚田「一公演一公演、噛み締めてやっています、塚田僚一」
橋本「ネッシー、ヨッシー、M.A.D.のこっしー、オレはっしー、橋本良亮」
雄大くんも「どんと、たっつみー」とか言ってたかな?
最後にタッキー「永遠の16歳」とか言ってた(笑)
この時の衣装が黒袴にそれぞれのユニット毎の着物なんだけど、A.B.C-Zが鮮やかなオレンジでとっても素敵☆
てか、袴の郁人くんがかっこ良すぎる(≧▽≦)


タッキーとちびジュによる影絵遊び☆
演舞城の時は義経と三郎、弁慶とのシーンでやってましたね☆
あのシーン大好き(^^)
今回はちびっこたちがなんだかアドリブで好き勝手にしゃべってて面白かった(笑)
急須の影絵でお茶を注いであげる時に、
「それ中味何?」「カルピスだよ」とか、
「ブレンド」「大人だね」とか(笑)


第3場 忠臣蔵
客席からいっぱいのJr.達が出て来た☆
2階にもいたけど誰だかわからず(^^;
すると舞台には郁人くん!
めっっっっっっちゃかっこいいぃぃぃぃx(≧▽≦)
郁人=吉良上野介(きらこうずけのすけ)
戸塚=浅野内匠頭(あさのたくみのかみ)
で、バックのスクリーンには忠臣蔵の映像が流れる中、二人芝居!
二人ともなんか貫禄あって、息を飲むほどかっこいいぃぃぃぃぃの(≧▽≦)
革命の時の悪役もすごかったけど、それよりまた一段とレベルアップした感じ!
郁人くんがとっつーに詰め寄って、手に持ってる扇子でとっつーの顎をくいって上げる仕草とかっ!
ヤバいって(≧▽≦)
最終的には吉良が内匠頭に切腹を命じて、内匠頭はそれに従うんだけど、
舞台に一人残ったとっつーが切腹する為に白装束(?)になって、襟元をがっと開けてもろ肌露に(//▽//)
倒れる姿も色っぽい戸塚さん☆

タッキーの、板を使った殺陣☆
これって、周りのJr.を心から信頼してなきゃ出来ない技の連続だよね。
ホントすごい!
そしてタッキーvs郁人くんの一騎打ち!
悪ーい笑顔健在☆
桟敷席に出っ張った舞台の中は、蓋が開くと奈落に繋がってたりプール(?)が出て来たりして、
この時はここに水が!
タッキーと郁人くんがその水の中での殺陣!
だから最前列の人達はビニール被ってるのね(笑)
水の演出も相まってものすごい迫!
斬りかかる時の生声がリアルに伝わって来ます☆
滝「お命ちょうだい」
で斬られちゃう郁人くん(>_<)
びしょ濡れになった姿で仰け反った顔の表情やら首筋やら髪の毛の生え際やらがやたらとセクシー(*^^*)
力つきて水の中に沈んで…2階席から見下ろしてるから中を泳いで行くのが見えちゃった(笑)


第4場 NEW MASK
ユニット毎かな?
次から次へと出て来ては踊って、また次のユニットが踊って…とどこ見ていいかわかんない位目まぐるしい?


第5場 変面太鼓
舞台に和太鼓がセッティングされ、上半身裸のとっつーが登場してかけ声とともに太鼓のパフォーマンス☆
ステージ中央には和ではない普通のドラムセットが置かれていて、「郁人くん?」と思ったらなんと屋良っち!
今回初挑戦なんだって☆
ここでは全出演者かな?
ずらっと並んだ男たちが半裸で力強く太鼓を叩く姿は圧巻!
郁人くんは水に濡れた直後の濡れ髪でセクシーなんだったら(≧▽≦)
上半身裸のその姿をまじまじと見られるチャンスなんだけど(笑)←変態?
ドリボの時に比べてすっごくがっちり体型になった気がするー(^▽^)
ものすっごく男らしくてドキドキ(*^^*)
太鼓叩きながら鋭いターン決めてくれたりと、めちゃめちゃかっこいいー!
途中、Jr.は太鼓を叩かず、タッキーの叩く太鼓に合わせて「ハッ!」ってかけ声だけ出してるシーンがあるんだけど、ホントみんな「男っ!」って感じでヤバい(≧▽≦)
もうホント、郁人くんが男前過ぎるー(*^▽^*)


第6場 DANCE
「REVENGER」
和太鼓から一転して「洋」の世界☆
黒人ダンサーさん二人が踊る中、タッキーが合流し、M.A.D.が合流し、They武道が合流し、そしてA.B.C-Z!
黒地に金のライン、襟の淵は赤ラインの入ったキレイ目かっこいいスーツで踊るA.B.C-Zはこれぞ本領発揮☆
体全部で表現するダンス、ガシガシと歌いながら余すとこ無く全身で踊る郁人くんの踊りが大好き☆
かと思うと指使いとかエロいしー(*^^*)
郁人くんロックオンしてたらいつのまにかステージ全部を使って所狭しと全Jr.が踊ってて、
全員一斉にバク転!
ものすっごい迫力!

迫力のダンスシーンの後はほっこりタイム?(笑)
下手側から声がすると思ったら、お掃除道具を持った雄大くんと福ちゃん(^^)
「滝沢座長、超かっけぇー!」
って人ごとみたいに(笑)
「掃除しろって言われたんだ」
って言って、ホントに桟敷席に出っ張った舞台のお掃除始める二人(笑)
さっきタッキーvs郁人の時にびしょ濡れになっちゃったからね☆
その事に触れて「滝汁が」って言うんだけど、その時水の中にいたのはもう一人…
「郁汁も」だってーーーーー(≧▽≦)
郁汁浴びたいでーす!(聞いてないからw)

そんな二人の後ろでは「歌舞伎」の準備のため生・白塗り中のタッキー☆
暴走する二人にちょいちょいつっこみ入れながら白塗り中?


第7場 滝沢一座
「少年WITH LOVE」
お馴染み「濱松屋」の芝居でM.A.D.と少年邦楽専科の見せ場ですね☆


第8場 滝沢歌舞伎
出た出た出た出たぁ(≧▽≦)
ちびっこ坊主くんたちに混じって違和感ないふみとつ坊主?(≧▽≦)
あれ?A.B.C-Zはみんないたのかな?ごめーん。郁人くんしか視界に入って無ーい(笑)
だってだってだってだって!
郁人くんったら髪の毛無くてもめっちゃイケメンさん!
てか、むしろ美人さん(≧▽≦)
髪の毛無い分顔立ちがはっきりして、あの澄んだ綺麗な瞳が強調されて本気で郁人くんから目が離せないの(≧▽≦)
そんなビジュアルでちびっこに優しい顔を向けて笑いかけたりしたら本当にご利益ありそうよー(^▽^)
郁人くんの隣にいたのは大塚くんかな?(自信ないw)
ずーっとニコニコしてるのを見て
郁人「なんでお前はそんなに笑顔なの?」
大塚「河合くんの頭のテカリ具合が面白いから」
って☆
それを聞いてる郁人くんもすっごく優しい表情でねー(^^)

んで、なにやらとっつーが延々と演舞城の歴史だとか演舞城から歌舞伎に変わった経緯とかの説明をしてるんだけど、それに対していちいち「うん、うん」って相づち射ってる郁人くんが可愛いっ(≧▽≦)
ちびっこくんたちに郁人くんが、
「歌舞伎についてわからない事あったら戸塚坊主さんが応えてくれるから」
なんて言って質問タイム☆
なんで男なのに女の格好してるの?とかって質問だったかな?
それについての答えは、昔は女性が舞台に上がる事が許されなかったから男性が女役もやったんだよ、って事だったんだけど、「それって差別じゃん」ってちびっこが言ったのが「キャベツ」になっちゃったのかな?(笑)
そこで流れを止めるわけにはいかないので
郁人「キャベツじゃねーよ。キャベツと差別はあとでお兄ちゃんが教えてあげるから、次行こうね」
って、なんか的確で、慣れ合いすぎず、でも適度に優しくて、やっぱり郁人くんってものすごく凄いんだぁ(盲目)
次の質問で「たてってなぁに?」って言いながらジェスチャーが“横”になっちゃったちびっこくんに「それ、横」って言いながら頭が横に動いてる郁人くんが可愛い☆
そんな所から縦だの横だの殺陣だのとぎゃいぎゃい騒ぎ出したちびっこくんたちに向かって
郁人「うるせーーーーいっ」
ホントいいお兄ちゃんだよね(*^^*)

タッキーによる「歌舞伎」が始まると坊主君達は舞台の脇に正座して鑑賞☆
見てるだけでなく、途中フォーメーション組んで移動したり、タッキー歌舞伎の演出の一部になったり、つるぴかくんたちが良い味出してます(^^)
その中でちびっこ坊主を連れてタッキー@女形の両脇にいるふみとつに、演技の中で頭をすりすり、ってする仕草があって、やられて郁人くんがとっても嬉しそうな表情してるんだ(^^)

櫓が燃えちゃうシーンではしばらくどこにいるのかわからなかったんだけど、郁人くんは黒い法被の人達なのね(^^)

屋良っちの、“らしい”ソロダンスに繋がって屋良×タッキーのラブシーン(^^)
でも、全然「ラブ」でもなかったような…?(←何を求めてるんだ(笑))

タッキーvsキャスト全員、な構図の殺陣は、日本刀を中心にやたらとくるくる回ってて、その安定感のある回転に見とれる(^^)
目にかかる前髪も、険しい表情でタッキーを見据える顔も素敵過ぎ(≧▽≦)

最後はタッキーがクモの糸のようなのをみんなの頭の上に飛ばして、
それをわざと絡ませてるのか、糸が絡んだままの手で最後のキメポース!



最後まで行きたかったけど今日は限界みたい(><)
続きはまた後日m(__)m

スポンサーサイト




コメント

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 太陽からの贈り物…(^^). all rights reserved.