FC2ブログ
A.B.C-Z 5Stars(4/26 福岡)ミュージカル『We are the Five Stars!』
今日のサタジャニははっしー☆
全国公演の後、握手会終わりのA.B.C-Z&Question?の写真も小さいけれど載ってました(^^)

前回書けなかったミュージカル部分です☆

A.B.C-Z 5Stars(4/26)

★ミュージカル『We are the Five Stars!』
とつ爺がスタンバッてたとこよりも前方にピンスポ
戸「こっちだった」
って言い方が可愛い☆

リョウスケに自己紹介するとつ爺
戸「お前の事が心配であの世からやって来たのじゃ。“あな”に乗ってな」
正解は“ANA”なんだけど、とつ爺の発音が(わざと?)“穴”だからわかりずらい(^^;
ちょっとぐだった感じを一掃しようと空気を切り替えたリョウスケだったのにまた
戸「お前の事が心配であの世からやって来たのじゃ。“あな”に乗ってな」
ってまた蒸し返すとつ爺(笑)
橋「せっかく戻したんだからっ!」

平家物語を暗唱するリョウスケ、すっごくスムーズに最後まで言い切った!お見事☆
“清少納言”と言うリョウスケに
戸「フラットハウスストーリーじゃ」

二人の背後に現れる先祖のフミト武将、めっちゃめちゃかっこいい(≧▽≦)
フミトに立ち向かう敵方は薫太。
斬られては立ち上がり、また斬られ…動きが滑稽で面白い☆
郁「おじいちゃん、こんにちは」
郁人くんが発する「おじいちゃん」が可愛い(*^^*)
郁「こちらに速達で送り込め」「続きはwebで」

タイムスリップは
戸「わしのこの蛍光グリーンのグローブに掴まれ」「たーいむすりっぷ」


◇フミトの戦国時代
暗転からスポットで現れるはずのフミト。
センターにフミト、その前方左右2ヶ所にピンスポ(笑)
郁「おい!どっち行けばいいんだよ!」
すると、左右のピンスポが徐々に中央に寄って来て一つに重なる☆
その様子を面白そうに見ているフミト(^^)
フミトがその中に入ると、無色だった照明の色がピンクに(*^▽^*)
スポットの中に入ってる郁人くんはその色の変化に気づかないもんなのかな?
特に色には触れず(残念)
郁「フミトくんにお付き合い下さい」

リョウスケと出会い
郁「おぬし、見慣れぬ格好しておるな。新手の忍者か?」
橋「ドロン!って忍者じゃねーよ。普通の人間だよ」
あ、人間に戻った。
自己紹介のフミト
郁「我が名は捨十」
きゃーーーーー(≧▽≦)
郁人くんの捨十また見たいー(*^▽^*)
橋「すてじゅう?」
郁「それは関西のしゃべるやつだ」

橋「おじさん!」
塚「無礼者!おじさんではない。小さいおじさんだ」
郁「塚ちゃん、お前も対して変わんねーだろ」
塚ちゃん、ジェスチャーで(声にも出してたっけ?)横に大きいってアピール(笑)
郁「横の話じゃねーよ」
郁「あいつにお前の夢でも語ってやれ」
塚「ボクの夢は…」
郁「“ボク”?ボクだった?」
塚「ボク。」
郁「そう?」
じゃ続けて、みたいな感じで促すと…
塚「オレの夢は…」
郁「どっちだよ!」
塚「オレ。」
塚ちゃん、面白過ぎるだろ(笑)

背後から敵方出現、お互い見合ったまま動かず
郁「このまま動かなかったらどうする?何も出来ないだろう?」
って面白そうに煽るフミト(笑)
急所をやられたフミト
郁「どうすんだよ!オレのセクシーローズが折れたら!」
フミトのピンチに駆けつけた塚ちゃん
塚「あとは俺に任せろ!」
すぐにやられる塚ちゃん(笑)
目の前に倒れた塚ちゃんを見て、周りをきょろきょろ
郁「え?…おい…オレは何もやってないぞ…」
って、刑事ドラマの犯人風(笑)
ちょっとかっこいいんだけど(^▽^)
そういうドラマやってもらいたいなー☆←脱線しました(笑)
戦国時代に戻って(笑)
郁「…つかちゃーーーん!」
ここからの殺陣が、本当に気持ち入っててめちゃめちゃかっこいい!
敵に囲まれ
郁「オレは、平将門だぁーーー!」
すてじゅうー(T▽T)
ホント捨十が乗り移ったんじゃないかってくらいの殺陣で凄くかっこいいったら(≧▽≦)
先日歌舞伎観に行って刺激されたかな(^^)


◇コウイチの戦争の時代
文ちゃんとかが「国防飛行隊銀河組」って言ってた気がするのは聞き間違いかな?
コウイチは「国防飛行隊流星組」って言ってた。
♪Mysterious Dance
日生で安井くん観過ぎてたからちょっと物足りない(^^;


◇ショウタのロックの時代
橋「Za ABCって知ってる?間違えた。Za ABCってバンド知ってる?」

とつ爺→ショウタへのお着替え後
戸「からしめんたいこー!」
ジェームス・ディーンの「理由なき反抗」は「理由なきもつ鍋」(笑)

♪Za ABC~5stars~
ショウタのギターを受け取りに来る薫太、スキップしながら舞台に現れ☆
戸「薫太だ!山崎薫太だ!」

♪見果てぬ夢を
下手から出て来たアクンに駆け寄って飛びつくショウタが可愛い(*^^*)
アクンのお姫様抱っこ☆
ショウタ先頭に関ジュが後ろに並んで踊るとこでは、すの5の時みたいに全員の名前を早口で言うショウタ☆
戸「みんな!桐山に負けるな!」
曲終わりで大田&真鳥がショウタの衣装を左右に引っ張って早替えする所でなかなか脱げない
戸「こういう演出です!」
言い切った!

バイヤー・塚ちゃんのシーンは何事もなく真面目に終わってちょっと残念(←何を期待?w)
橋「じいちゃん撃った奴、一生恨も」
リョウスケの疑問に答えるとつ爺
戸「年を取ったら…あ、違う。あの世に行ったら年を取らないなんて誰が決めたのじゃ」


◇リョウイチの昭和の時代
郁人くんは4-5列間の通路下手から登場☆
サングラス有り、タオル無し
郁「どーもこんにちはー☆どーも、木村拓哉です☆」
舞台上で魚屋さんと会話、しながら魚屋さんはマグロをさばき、いつもの様にお腹から内臓を取り出した瞬間…
ドォォォン!というかゴォォォン!というようなものすごい音(笑)
内臓取り出しただけだよね?(笑)
これ多分、五関時代の爆撃の音な気がする(笑)
その音に舞台上のふみごちもきょろきょろ☆
音響さんのいたずら?
郁「海が荒れるかもしれないな…」
って(笑)
五「これが熊野の海か…」
革命!?(笑)

橋「いまは、なんねんですか?」
恒例、ふみごちのラブシーン(*^^*)(だって広島で郁人くんが自分でそう言ったって聞いたから(笑))
魚屋さんを抱き寄せ、その頭を自分の胸に抱え込む八百屋さん
郁「お前のその唇、明太子みたいにおいしそう。食べちゃうぞ」
きゃーーー(≧▽≦)
五「八百屋さんなのに、水炊きの匂いする…おいしそう☆」
郁「昨日行ったからね☆」
そうなんだぁ(^▽^)
二人の世界から帰還し(笑)
郁「(リョウスケに向かって)続けろ続けろ。続けないと怒られるんだよ。髪つんつんの人に。今言ったのも怒られるんだよ」
って言いながらも楽しそう♪

エンジニア・リョウイチ登場で自己紹介
塚「エン…エンジニア・リョウイチ!」
って甘噛みしたのに誰も拾わないの?
ただでさえこのシーン長くなるからね(笑)

アクン市議会議員への暴言
戸「お前の書斎を豚骨ラーメンで埋め尽くしてやるー!」
それを想像して臭くなるーだのいろいろチャチャ入れてる八百屋さん&魚屋さん☆

魚屋さんを投げるアクンのお付きの薫太、投げて倒れた魚屋さんにさらに首締めっ!
アクン「やり過ぎやり過ぎ」
その後ろではリョウスケがさりげなく魚のお腹に内臓しまってた(笑)
アクン捌けのBGMはやっぱり「伊勢佐木町ブルース」
3回目の「♪あん」もやる気満々だったアクン&薫太だけど、今回は泰観くんがフェイント(笑)
音を出さない泰観くんにアクンが抗議するジェスチャー☆

橋「こんなの間違ってるよ!」
遠くを見つめながらサングラスに手をかけ、もったいつけながらじわりとはずす八百屋さん(*^▽^*)
外した時のキメ顔が超絶イケメンで「きゃーーー(≧▽≦)」
満足げな八百屋さん、リョウスケにこそっと
郁「藤ヶ谷と北山はこれが気持ちいいんだよ☆」
逃げる様に捌けっ
魚屋さんは基本に忠実に「決まっちまったもんはしょうがないよ」
エプロンを両手の中にくしゃくしゃと入れ込みながら(笑)
豆腐屋さんは、ボクサーから転落してこの街に来て豆腐屋となった経緯を長台詞で説明☆
橋「前振り長いよ!」

♪宙船
郁「八百屋ではない。今はABCストア、野菜売り場チーフ」
ってスタンドマイクに寄りかかる様にしながらかっこつけて言って悪ーい顔で舌出しー
どっかのロックスターを意識してる感じ?
普通にしてればかっこいいんだから余計な事しなくていーのにー(毒)
はっしーと顔近づけてこそこそするとこではめちゃめちゃにこにこでいたずらっ子な笑顔(^▽^)
かーわーいーいー
歌い終わり
アクン「いいロックだった♪」

「投票結果の発表です」って、演奏してる上の方の台から駆け下りて来るガッキー、台詞言う声がやけに色っぽい☆
アクン5票、リョウイチ3票でアクンの勝利
郁「ちょっと待った。オレはやっぱり、エンジニア・リョウイチさんの方に着くぜ」
って、また舌出しー(>_<)
戸「敵を欺くには味方から。作戦成功」
勝ったリョウイチ側、「やったー!」とか「ラーメン食べに行こう!」とか言いながら捌け☆


◇リョウスケの現代
♪T.A.B.O.O
台詞の前にちょっと照れ笑いする様なはっしーが可愛い☆


スポンサーサイト




コメント

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 太陽からの贈り物…(^^). all rights reserved.