FC2ブログ
A to Z
ちゃんとした感想は書けそうにないや(^^;





密着はデビュー日前後~日生ABC座稽古&舞台裏って感じだったけど、
デビューイベントの裏側のA.B.C-Zの、緊張してたり、心から嬉しそうだったり、まっすぐ前を、未来を向いている姿や、それぞれが発するコメントとかを観てたらなんかまたわぁーってなって涙が溢れて来て、
改めてA.B.C-Zの事好きになって良かったぁ、って思いました(*^^*)

ABC座に出てる後輩Jr.くん(北斗、樹、慎太郎、野澤、真田、だったかな?)からの、“A.B.C-Zってどんな先輩?”というような質問に対するコメントもあって、
長かったJr.時代も、デビューが決まった今も、常に全力でやるべき事と向き合い、そういった姿で後に控えているたくさんのJr.たちを引っ張って来たA.B.C-Zを垣間見る事が出来た気がします。

ABC座の実ステージでのリハーサル中にバックのJr.たちが集められて、スタッフさん?振り付け師さん?演出家さん?に、『誰のための舞台だ?A.B.C-Zだろ?おまえらがちゃんとやらないとA.B.C-Zがかわいそうだろ』みたいなニュアンスで怒られてて。
前に郁人くんかな?
雑誌かなんかでタッキーに怒られた時の話で、タッキー主演の舞台で「誰の舞台だ?」とタッキーに聞かれて「滝沢くんです」って答えたら「違う。出演しているみんなの舞台だ」って言われたというのをふと思い出して。
きっとA.B.C-Zは、自分たち主演の舞台でもJr.のみんなには『A.B.C-Zのため』ではなくそれぞれが個性を出せるようにって演出してると思うし、舞台に出るからには主演であっても『A.B.C-Zのため』ではなく自分自身のためにパフォーマンスして欲しいって思っていると(私が勝手に)思ってるんだけど。
ABC座でJr.たちにそんな風に怒ってくれたスタッフさんたちの、A.B.C-Zに対する深い愛情みたいなものが伝わって来てまたうるうる(T_T)

デビュー日に出演したいいともの楽屋で、塚ちゃんが駅のコンビニで買ってきたと言うスポーツ紙(全紙!)を囲んで、ギュッとなってしみじみしてるA.B.C-Zも本当に可愛くて愛しかったし(*^^*)

ABC座初日の幕開け直前に、舞台の幕の裏で客席に声が聞こえないようにちっちゃい声で円陣組んで「行くぞ!おぉー!」ってしてるのも可愛かったし(^^)

なんかもう、A.B.C-Z大好きだ(*^▽^*)

まとまんないから終わるっ(爆)
スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 太陽からの贈り物…(^^). all rights reserved.