FC2ブログ
A.B.C-Z 5Stars(3/5 大阪初日)『We are the Five Stars!』
当日に書ききれなかった部分です☆
本編はこちら


A.B.C-Z 5Stars(3/5)

★ミュージカル『We are the Five Stars!』

リョウスケの大切な桜の木の下でぶつぶつ言ってるとつ爺。
戸「あの世からやって来たのじゃ。のぞみに乗って」
“あの世”って、のぞみで行けるんだ(笑)
戸「こんな派手な蛍光の手袋した爺さん、捕まってしまうのでは…」
とか心配してるとつ爺(^▽^)

リョウスケの先祖のフミト武将登場☆
とつ爺の語りの後ろで、敵をばったばったと切り倒す様子を表現してるフミトだけど、
フミトに向かって斬り込んで行くのがなべしょ?
一回斬られてその場に倒れ…るかと思うとそのままむくっと起き上がってまたフミトに斬りかかり、
またフミトに斬られてその場に倒れ…そうになってまた起き上がって…って、まるでゾンビ(笑)
日生では散々(笑)やってた、刀を入れるとこでのボケは無。
これがないとえらくあっさりしてる印象(^^;
郁「続きは、webで☆」
でニコっとキメ顔したのがめちゃめちゃかっこ良くてドキッとした(*^▽^*)

今回桜の木はセットではなく布に描いた絵で表現されている為か、
リョウスケがタイムスリップするのはとつ爺と手をつないで時空を飛び越えるらしい☆
戸「ワシの手に掴まれ!」
橋「手袋してんじゃん!」
戸「その為の手袋じゃ!」
その為だったんだ!(笑)


◇フミトの戦国時代
♪日本よいとこ摩訶不思議
フミトの家来が…塚ちゃん(^▽^)
しかも、フミトの呼び方が「塚ちゃん」でなんか可愛い(*^▽^*)
塚ちゃんは「フミト」呼び☆新鮮(^^)
橋「(フミトに向かって)おじさん!」
塚「無礼者!おじさんではない。小さいおじさんだ!ねっ♪」
郁「ね、じゃねーよ!塚ちゃん。」
ここで二人並んで同じシーンで共演していると言うのが不思議だとでも言いたそうに、楽しそうに塚ちゃんを見てる郁人くん(*^▽^*)
日生では真田くんとか健人とかとかけ合ってた「なぁ真田!」「なぁフミト!」って掛け合い、
郁「なぁ塚ちゃん!」
塚「なぁフミト!」
なんかこの二人、いいなぁ(*^▽^*)
敵に囲まれ、勢いよく斬り込んでく塚ちゃん
塚「あとは俺に任せろー!」
勢い虚しく、あっけなく刺されて倒れちゃう塚ちゃん(>_<)
そんな塚ちゃんに駆け寄ってみるも、ちょっと動揺した感じで周りをきょろきょろと見渡し、
塚ちゃんの側に立ったまま塚ちゃんに向かって十字を切ってお祈りするフミト(笑)
お祈りしてから改めて、塚ちゃんのすぐ横に跪いて
郁「…っ!つかちゃーーーん!」
大事な仲間を失って怒りに任せて敵に向かってくフミトの殺陣がかっこ良過ぎる(>_<)


◇コウイチの戦争の時代
橋「今は何年ですか?」
五「そんな事言ってる場合か!」
年号、言わなくなったんだね。
ごっちの台詞が色々変わってて、日生で「お国のため」って言ってた所が「国民のため」になってたり、「神風特攻隊」だったのが「国防飛行隊」(?聞き取りに自信ないけど)ってなってたり。
史実があるからまずいのかしら?
これから子供たちが兵士の為に出し物を…とかいう芝居もカット。

♪I like it
のんちゃんの役はひーくん☆
りょーたんから始まる決意表明みたいな台詞、りょーたんが立て続けに3人分くらい?(今回いない子たちが言ってた分かな?)を言って、安井→深澤→渡辺→コウイチ
軍隊ダンスみたいなのもカット。

♪Mysterious Dance


◇ショウタのロックの時代
とつ爺→ショウタに、“着替え終わったよ”の合図(笑)は
戸「イーネッ!」
って、クレイジーケンバンド?(笑)

♪Za ABC~5stars~
♪見果てぬ夢を
とつ→なべにギターを渡す時に
戸「ショウタだ!」
祥太→翔太だもんね☆
名前呼んでもらったなべしょはギターを受け取って客席にお手振りしながら捌け☆
踊るとっつーのすぐ後ろ、赤チェックベスト着てシンメで踊ってるのは安井くん&美勇人(*^▽^*)
可愛い可愛い可愛い☆
日生の時はこのポジション誰やってたんだっけ?…って、上手で踊ってた安井くんしか観てないから覚えてる訳もなく(^^;
安井&美勇人のシンメって、なんか良いなぁ♪
慎太郎とか、とっつーの土台になってたメンバーもいないので、日生千穐楽同様、アクンがとっつーに駆け寄ってお姫様抱っこ♪
アクンに飛びつくとっつーが可愛い(*^▽^*)
とっつートップにすの4(さっくん不在)が後ろで踊るとこでは
戸「HOT SHOW、絶賛発売中!」
って、宣伝しながらダンス♪

のんちゃんがやってた悪い人はアンダーソン☆
しかも!台詞が英語でかっこいい(≧▽≦)
って思ってたら、アンダーソンの後ろに控えてた草間リチャード敬太(で合ってる?)がアンダーソンの台詞を通訳してるー(^▽^)
その絶妙な間合いが笑いを誘う(笑)
しかも、ショウタの作った曲を買い取って「うちが育てている大型新人バンドのデビュー曲」って言わなきゃいけない所で
リチャード「新型…」
って言い間違っちゃうもんだから、笑い過ぎてお腹痛いったら(≧▽≦)
新型って何だよウイルスかよ(笑)
とっつーも笑っちゃってるし(^▽^)
抵抗するショウタに銃口を向けてカウントダウンし始めるアンダーソン…
ア「ten…」
リ「じゅう…」
ア「nine…」
リ「きゅう…」
ア「eight…」
リ「はち…」
…って、そこも訳すの?みたいな(笑)
とっつー、「一昨日来やがれ」の代わりに
戸「リチャード、面白過ぎるだろ!」
バンバンバンッ!!

ショウタが撃たれたのを見届けてから登場のはっしー
橋「…最初から日本語でいーだろー?」
橋「なんで死んでんのに年取ってんだ?」
戸「年を取ったら………?」
って、前のはっしーみたいになっちゃった(^▽^)
戸「ワシのコーナーは全部リチャードに取られた」
あれはしょーがない(笑)


◇リョウイチの昭和の時代
郁人くん@八百屋さんは1階下手横の通路から登場だったかな?
郁「大阪あっついなー」
関西弁♪
郁「どーも、こんにちはー。木村拓哉です☆」
日生では頭にかぶってたタオルをかぶってなくて、サングラス着用で、めっちゃめちゃかっこいいのーーー(≧▽≦)
1人でぶつぶつ「かっこいいかっこいいかっこいい…」って呟かずにいられなかった←迷惑。
舞台では魚屋さんが魚をさばく…前に内臓出ちゃってたけど、いいの?(笑)
市議会議員はアクン!
お付きのSPには安井&美勇人(≧▽≦)
安井くんはみんなが話してるのを見ながらじわじわと魚屋さんのテーブルとマグロをお片づけ☆
魚屋さんを投げ飛ばすのは美勇人☆
体が大きい分迫力ある(^^)
捌け際にアクン「伊郷アクンZ!」ってキメポーズ☆
それを見て美勇人もちょっと控えめに「Z」ポーズ(^▽^)
ちょっと恥ずかしそうにやる所がまた可愛い(*^^*)
去ってったアクンの姿が見えなくなってから
郁「ホントに怖かった…」
ホントに本音?(笑)
「こんなの間違ってる!」と言うリョウスケに
郁「…新しい仕事、探さなきゃ…」
あ、基本に戻った(笑)
そう言えばそういう台詞だったよねー(笑)(日生遊び過ぎ☆)
五「決まっちまったもんは、仕方ないよ…」エプロン全部手の中に入れる勢いでくしゃくしゃ(笑)
豆腐屋さんは無言で「…ぱーぷー…」
決意のエンジニア・リョウイチの顔を見過ぎなリョウスケ(笑)

♪宙船
議員側に付いた八百屋さん&豆腐屋さん、
八百屋さんの髪型、普通のまんまでスーツ着てるからめちゃめちゃかっこいい(≧▽≦)
リョウスケvs八百屋さんのとこでは、耳元に囁くのはやらずに、髪の毛がばっさばさになるほど音に合わせて首を激しく横に振る八百屋さん(^▽^)可愛いー☆
曲は短縮バージョン(間のラップがカット?)

投票結果の発表はガッキー☆
一旦は勝利したアクン市議会議員側の郁人くん&安井くんのハイタッチ(*^▽^*)
「ちょっと待ったぁ!」
って入って来たのはたっくさんの関ジュたち!
筆頭にいるのが室次男☆
私服っぽいから見学に来てそのまま出ちゃったパターン?
(後から聞いた話だと、6日が神山&重岡、7日が淳太、菊岡、金内、向井、小瀧、流星、新垣、竹本、室次男(2回目?)…で合ってる?)
日生でちびっこわらわらいるよりも、関ジュがいっぱいいる方が「だいたい50票」って台詞に真実味がある(笑)


◇リョウスケ
♪T.A.B.O.O
日生でバックにいた子たちがことごとくいないから誰が踊るのかと思ったら…
すの4!(≧▽≦)!
これはかっこいいに決まってるでしょー!!!
ものすっっっごい見応えあった(*^▽^*)

リョウスケの「大切な事を教えてもらった」って台詞、日生では「この桜の木から」だったのが「この家族から教わった。ありがとう」
先祖も含めて「家族」。
A.B.C-Zがみんな「家族」。
なんか、じんわり心が温かくなった(*^^*)

ここで日生では桜の木の上にそれぞれの衣装を着たご先祖様たちが登場した場面、
お兄たち4人がオレンジの新衣装で舞台に横並び。
台詞は日生と同じ(と思う…)
郁「俺達がいるからお前がいる。お前が居るからこそ、また未来に続く」
五「お前は俺達の希望の星なんだ」
塚「人は誰でも光り輝く時がある。お前はまだそれを知らない」
郁「輝け!誰にも負けない光を放て!そして、この世を照らせ!」

「明日の為に僕がいる」
って言ったのはとっつーだったかな?
イントロが流れて、4人が並んでいる後方から同じ衣装に着替えたはっしーがゆっくりと登場☆
前を向いていた4人も後ろから自分達の方に歩いて来るはっしーを迎え入れる様に体を向けて、
そんなお兄たちに近付きながらなんとも言えない嬉しそうな表情を見せるはっしー(*^^*)
自然に5人が横一列に並んで一緒に歌うA.B.C-Z☆
5人の間にすごく温かい空気が流れていて、
歌う5人の後ろには今まで出演して来た舞台の映像がダイジェストで流れていて、
歌っているのはA.B.C-Zとして最初の曲で、
なんか上手く言えないけど、
A.B.C-Zが大好きだ、って改めて思った(*^^*)
曲が終わりに近付くと、
はっしーの所に1人ずつ寄ってって肩をぽんってするお兄たち☆
それを受けて恥ずかしそうな、嬉しそうな表情の末っ子ちゃんと、
本当にこの5人の雰囲気が大好き(*^^*)
その流れで次の「恋に落ちたボディーガード」の立ち位置へ☆
この曲はじっくり観たいから、座ったまんまで観られて良かったかも(^^)


…なんか思いのほか長くなっちゃった(^^;
このまま続けたかったけど、MCは別エントリに分けますm(__)m
スポンサーサイト




コメント

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 太陽からの贈り物…(^^). all rights reserved.